1=2 アニメーションが動いて見える原理

アニメーションが動いて見えるのは、人間の錯覚で、脳がだまされているからです。

映画のフィルムのコマで考えると分かりやすくなります。

映画では、1秒間に24のコマが映写されます。これは高速なので、人間の目(脳)は残像現象によってあっさりだまされ、ただのポジの連続に感動すらしてしまうのです。パラパラ漫画と同じ原理です。

1秒間に24コマ変わることは、24fpsと表されます(Frames Per Second)。ちなみにテレビは30fps、コンピュータのモニタは60fpsほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA