10_1_3 重要!! ブラウザの実験的な機能を有効化する方法

今後、WAAPIの実装がどのように進むかは分かりませんが、少なくとも現状では、WAAPIのフル機能を使用するには、ブラウザの実験的な機能を有効化する必要があります。

実装が最も進んでいるのはFirefoxで、次がChrome、その次がSafariです。以降の記事ではChromeを中心に使用し、未サポートと思われる場合にFirefoxを使用します。

重要:ブラウザの実験的な機能を有効化する方法

Chromeの場合

  1. Chromeブラウザのアドレスバーに、chrome://flagsを入力する。
  2. [Experiments]ページが開くので、上部の検索バーに、web platform fまで入力する。
  3. [Experimental Web Platform features]項が表示されるので、右にあるボタンをクリックして、ボタンのラベル表示を[Disabled]から[Enabled]に変更する。
  4. ページ右下にある[RELAUNCH NOW]ボタンをクリックして、実験的な機能を有効化する。

元の状態に戻したいときには、[Experiments]ページ右上の[Reset all to default]ボタンをクリックします。

Firefoxの場合

  1. Firefoxブラウザのアドレスバーに、about:configを入力する。
  2. 「動作保証対象外になります!」という警告が表示される。
  3. [危険性を承知の上で使用する]ボタンをクリックする。
  4. about:configが開かれるので、上部の検索バーに、dom.animationsまで入力する。
  5. 表示される候補にdom.animations-api.core.enabledがあるので、これをダブルクリックして、値をfalseからtrueに変更する。
  6. Firefoxを再起動して、実験的な機能を有効化する。

開発版を使おう!

ChromeにもFirefoxにも、開発版のブラウザが提供されています。通常使用しているChromeやFirefoxの設定変更に抵抗がある場合には、開発版を使用しましょう。それぞれ、次のリンクからダウンロードできます。

Chrome Canary

Firefox Developer Edition

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA