1_1_1 TensorFlow.jsの特徴

TensorFlow.jsでは、一般的な特徴として次のものがあげられます。

  1. JavaScriptライブラリなので、PCのWebブラウザに加え、スマホやタブレット端末のWebブラウザで動作するWebアプリが作成できる。
  2. Webブラウザ(JavaScript)からアクセスできる端末の機能が利用できる。たとえばスマホのカメラやGPSセンサー、ジャイロスコープにアクセスできる。

専門的な特徴としては、次のものがあげられます。

  1. Python言語で作成された訓練済み機械学習モデルをTensorFlow.js用に変換し、それを利用できる。これは、Pythonで記述された実績のある優秀なモデルがTensorFlow.jsに流用できることを意味する。
  2. TensorFlow.jsは内部的に、WebGLを利用して計算を行う。具体的に言うと、機械学習で必要になる多量の行列の計算を、端末のGPU装置(グラフィックカード)にアクセスして高速に行う。
  3. 機械学習には、専門的な知識と相応の経験が求められるが、数学的に高度な部分(微分や偏微分、内積など)は、TensorFlow.jsが隠蔽してくれる。ただし、なぜそうするのかやそうなるのかを理解するには、TensorFlow.jsが内部で行っていることや、大学程度の数学を理解する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA