5 ビール売上本数の予測

次は少し実践的な例です。その日の最高気温とビールの売上本数をデータとしてTensorFlow.jsのモデルに与えて訓練し、データにはない最高気温が30度の日に、ビールは何本売れるかを推測させる試みです。

最高気温と売上本数の関係は、気温が低い日にはあまり売れず、高い日には売れそうな気がするので、比例の関係にありそうです。実際には、もし45度にもなったらビールどころの話ではないので、比例関係ではないのでしょうが、「今日は暑かったからビールでも飲もう」と思う人は、その日が暑ければ暑いほど増えそうな感じはします。

以降では、まずエクセルを使って予測し、次にTensorFlow.jsを使って予測します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA