7 MNISTデータと手書き数字認識アプリ

自分で描いた数字をアプリが何の数字か予測する手書き数字認識アプリは、機械学習を学習する上で、意欲の湧きそうなテーマです。

手書き数字認識アプリを作成するには、手で数字を書いたような画像データが必要になりますが、MNISTという有名なデータセットが利用できます。MNISTデータセットに関する情報は「THE MNIST DATABASE of handwritten digits」ページから得ることができます。

tensorflowのtfjs-examplesには、MNISTのサンプルがあり、このリンク先を開くと、サンプルの動作が実際に確認できます。

しかしこのmnistサンプルでは、上記の本家MNISTデータセットではなく、独自に用意したPNGファイルが使われています。

以降では、tfjs-examplesで使われているPNGファイルではなく、本家のデータセットを使って、手書き数字認識アプリの作成までを見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA