4_5:応答:カーソル p5.js JavaScript

マウスカーソルの位置(mouseX、mouseY)を使って、描画内容を変更する例です。

線をカーソルに近づける

キャンバスにマウスカーソルを重ねると、縦線がカーソルに近づいてきます。同時に縦線の進行方向を示す矢印が描画されます。

let lineXpos = 0;
let offset = 10;

function setup() {
    createCanvas(240, 120);
    // xposをキャンバスのセンターにする
    lineXpos = width / 2;
}

function draw() {
    background(204);
    // カーソルが縦線より右にあるなら
    if (mouseX > lineXpos) {
        // 線のx位置を大きくする => 線は右に移動する
        lineXpos += 0.5;
        // オフセット値を-10にする
        offset = -10;
    }
    // カーソルが縦線より左にあるなら
    if (mouseX < lineXpos) {
        // 線のx位置を小さくする => 線は左に移動する
        lineXpos -= 0.5;
        // オフセット値を10にする
        offset = 10;
    }
    // 縦の細い線
    strokeWeight(1);
    line(lineXpos, 0, lineXpos, height);
    // オフセット値が-10のときは右向きの矢印
    // オフセット値が10のときは左向きの矢印
    strokeWeight(2);
    // 矢印の矢の線
    line(mouseX, mouseY, mouseX + offset, mouseY - offset);
    line(mouseX, mouseY, mouseX + offset, mouseY + offset);
    // 矢印の横の線
    line(mouseX, mouseY, mouseX + offset * 3, mouseY);
}

カーソルが円内にあるとき円を大きくする

マウスカーソルを白い円の中に移すと、円が黒くなり拡大します。

let xpos = 120;
let ypos = 60;
let radius = 12;

function setup() {
    createCanvas(240, 120);
    ellipseMode(RADIUS);
}

function draw() {
    background(204);
    const distnce = dist(mouseX, mouseY, xpos, ypos);
    // マウスカーソルと円の中心までの距離より、半径の方が大きい => カーソルは円内にある
    if (distnce < radius) {
        print('カーソルは円の中にある');
        // 半径を大きくし、塗りを黒にする
        radius++;
        fill(0);
        // カーソルが円の外にあるなら
    }
    else {
        print('カーソルは円の外にある');
        // 塗りを黒にする
        fill(255);
    }
    // (120,60)を中心とする半径radiusの円を描く
    // radiusが大きくなると円も大きくなる
    ellipse(xpos, ypos, radius);
}

カーソルが矩形内にあるとき矩形の塗りを黒にする

マウスカーソルを矩形内部に移すと、矩形が黒くなり、同時にマウスカーソルが十字に変化します。

const x = 80;
const y = 30;
const w = 80;
const h = 60;

function setup() {
    createCanvas(240, 120);
}

function draw() {
    background(204);
    // マウスカーソルが矩形の領域内にあるなら
    if ((mouseX > x) && (mouseX < x + w) && (mouseY > y) && (mouseY < y + h)) {
        fill(0);
        cursor(CROSS);
        // そうでないなら
    }
    else {
        fill(255);
        cursor(ARROW);
    }
    rect(x, y, w, h);
}

cursor()

説明

カーソルを定義済みシンボルかイメージに設定し、隠されている場合には表示する。イメージをカーソルとして設定する場合には、16×16か32×32のサイズのイメージが推奨される。パラメータのxとy値はイメージのサイズより小さくなくてはならない。

シンタックス

cursor(type, [x], [y])

パラメータ

type -ビルトイン:ARROW、CROSS、HAND、MOVE、TEXT、WAIT
Native CSS プロパティ:’grab’、’progress’、’cell’など
External: カーソルのイメージへのパス(使用可能なファイル拡張子は.cur、.gif、.jpg、.jpeg、.png)
Native CSSカーソルとURLに関する詳細は「cursor」を参照のこと。

x – 数値:カーソルの水平方向の活性点(32以下でなくてはならない)
y – 数値:カーソルの垂直方向の活性点(32以下でなくてはならない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA