1:p5.playとは?


本カテゴリーでは、p5.playサイトで公開されているサンプルを元に、p5.playを探っていきます。


p5.playトップページより

p5.playは、ゲームや遊び用のプログラムを作るためのp5.jsライブラリです。p5.playは、2D空間でのビジュアルオブジェクトを管理するSpriteクラスや、アニメーションサポート衝突の基本的な検出解決、スプライトのグループ化、マウス、キーボートとのインタラクション仮想カメラといった機能を提供します。

このページの背景で実行しているゲームは約100行のp5.playで作成しています。全サンプルとチュートリアルはこちらを参照してください。、

p5.playは、アーティストやデザイナー、教育関係者、初心者がプログラムの記述を行いやすくすることを目的としたJavaScriptライブラリ(でありコミュニティ)であるp5.jsを拡張したものです。p5.jsに馴染みのない方は、ここから始めましょう。

p5.playは、パフォーマンスではなく、アクセスのしやすさと簡単さを目的に構築され、中級程度のプログラマーが理解でき、おそらく修正もできるように設計されています。p5.playはbox2Dベースの物理エンジンではなく、イベントを用いず、3Dもサポートしません。もし堅牢で(しかしもっと複雑な)ゲーム用フレームワークをお探しなら、phaser.ioeasel.jsをおすすめします。

Initiated by Paolo Pedercini | molleindustria.org | @molleindustria

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA