4:p5.play.SpriteSheet オブジェクト

p5.playにはSpriteSheetオブジェクトが定義されています。


SpriteSheet

スプライトシートとそのすべてをフレームを表す。Animationオブジェクトか、静的な単一の描画フレームとともに使用する。
スプライトシートを読み込む方法は2つある。

  1. 全フレームを通して使用する幅と高さ、循環するフレーム数を与える方法。スプライトシートは、一貫した行と列を持つ、均一のグリッドを持つ必要がある。
  2. フレームごとに位置とサイズを定義したフレームのオブジェクトの配列を渡す方法。均一の行と列を持たないスプライトシートが使用できるので、柔軟な方法と言える。

上記の2つの方法については、「2_2:p5.play スプライトシート アニメーションの基本」を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA