14_2:テンソル(tensor)

テンソル(tensor)は、TensorFlowにおける基本単位で、根幹的なデータ構造です。
テンソルは、数値のn次元の集まりで、ランク(rank)とシェイプ(shape)、タイプ(type)によって識別されます。

– ランクはテンソルの次元数を言います。
– シェイプは各次元のサイズを表すリストです。
例:
+ スカラーはランク0のテンソルで、したがって[1]のシェイプを持ちます。
+ ベクトル、すなわち1次元配列はランク1のテンソルで、[列]か[行]、[項目数]のシェイプを持ちます。
+ 行列、すなわち2次元配列はランク2のテンソルで、[行, 列]のシェイプを持ちます。
+ 3次元配列はランク3のテンソルです。
+ n次元配列はランクnのテンソルです。

– タイプ:本チュートリアル執筆時点で、TensorFlow.jsにはfloat32とint32、boolの3つのデータタイプがあります。
(*訳者注:TensorFlow.js 0.14.1では、float32、int32、bool、complex64、stringに増えています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA