5 あやめの分類

機械学習の入門の例として、あやめの花の分類があります。これは、あやめの品種であるsatosaとversicolor、virginicaそれぞれのがく片の長さと幅、花びらの長さと幅を持つデータを使ってモデルを訓練し、未知のデータの品種を推測しようというものです。

元になるデータは、アイリス花データセットと呼ばれ、ここで公開されています。

データ自体は、エクセルのシートで表すと、次のようなものです。

satosaとversicolor、virginicaのがく片の長さを横軸に、幅を縦軸にプロットすると、次のようになります。

これを見ると、satosaの分類は容易そうですが、versicolorとvirginicaの分類は難しそうに見えます。つまり、versicolorとvirginicaのがく片の長さと幅はよく似ているのです。

また、satosaとversicolor、virginicaの花びらの長さを横軸に、幅を縦軸にプロットすると、次のようになります。

この場合も、satosaの分類は容易そうですが、versicolorとvirginicaは少し重なっているので、難しそうに見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA