10_2:繰り返しと配列 p5.js JavaScript

forループを使用すると、コードの簡潔性を保ちながら、大きな配列の扱いが簡単になります。それは、配列の各要素の位置に1つずつ移動するループを記述する、というアイデアによります。そのためには、配列の長さを知る必要があります。配列のlengthプロパティは要素の数を保持しています。この値にアクセスするには、配列の名前と度っと演算子(.)を使用します。

function setup() {
    const x = [12, 20]; // 配列を宣言し値を入れる
    print(x.length); // コンソールに要素数の2が出力される

    const y = ['cat', 10, false, 50]; // 配列を宣言し値を入れる
    print(y.length); // コンソールに要素数の4が出力される

    const z = []; // 空の配列を宣言
    print(z.length); // 0
    z[0] = 20; // 配列に要素を入れる
    print(z.length); // 1
    z[1] = 4; // 配列に要素を入れる
    print(z.length); // 2
}

配列にforループで値を入れる

forループを使うと、配列に値を入れたり、逆に配列から値を読み取ることができます。次のサンプルでは、setup()内で配列にランダムな数値を入れ、draw()内で配列から読み取って、ストローク値(線のグレー値)に使用します。プログラムを実行すると、そのたびにランダムな数値のセットが配列に入れられます。

const gray = [];

function setup() {
    createCanvas(240, 120);
    // gray配列にキャンバスの幅分だけ、ランダムな数値を入れる
    for (let i = 0; i < width; i++) {
        // print(i); // iは0から239まで
        gray[i] = floor(random(0, 255));
    }
    //print(gray);  // [170, 208, 92, 133,...]
    noLoop();
}

function draw() {
    background(0);
    // gray配列の長さ分だけ、グレー値を変えて線を描画する
    for (let i = 0; i < gray.length; i++) {
        // print(i); // iは0から239まで
        stroke(gray[i]);
        line(i, 0, i, height);
    }
}

マウスを追尾する

次のサンプルでは、マウスの位置を保持する配列が2つあります。1つはx座標用でもう1つはy座標用です。これらの配列は、前の60フレーム分のマウスの位置を保持します。新しいフレームに入るたびに、最も古いxとy座標の値が削除され、現在のmouseXとmouseYに置き換えられます。この新しい値は配列の最初の位置に追加されますが、その前に、新しい数値用の場所を空けるために、配列の各値1つ右の位置に移動します(下図参照)。次のサンプルはこの操作を視覚化したものです。また、各フレームで全部で60ある座標値を使って、一連の円を描画します。

const num = 60; // 60fpsと同数
const x = [];
const y = [];

function setup() {
    createCanvas(240, 120);
    noStroke();
    for (let i = 0; i < num; i++) {
        x[i] = 0;
        y[i] = 0;
    }
    // print(x);   // [0,0,0,...] 0を60個入れた配列
    // print(y);  // [0,0,0,...] 0を60個入れた配列

    // テスト
    const t = [152, 141, 129, 127, 118];
    for (let i = 5 - 1; i > 0; i--) {
        t[i] = t[i - 1];
    }
    print(t); // [152, 152, 141, 129, 127]
    t[0] = 80000; // [80000, 152, 141, 129, 127]
    print(t)
}

function draw() {
    background(0);
    // 配列の値を1つ右にシフト
    for (let i = num - 1; i > 0; i--) {
        x[i] = x[i - 1];
        y[i] = y[i - 1];
    }
    x[0] = mouseX; // 最初の要素を設定
    y[0] = mouseY; // 最初の要素を設定
    for (let j = 0; j < num; j++) {
        fill(j * 4);
        ellipse(x[j], y[j], 40, 40);
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA